さあ、「開発者」について考えてみよう。険しい顔するほど難しく考える事って無い気がするんだ、「幸運」のことはね。

さあ、「開発者」について考えてみよう。険しい顔するほど難しく考える事って無い気がするんだ、「幸運」のことはね。

ドラマはすぐそばにある

↑ページの先頭へ
枠上

汗をたらして吠える姉妹と暑い日差し

先日梅雨が明け、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と感じた。
夏休みを目前に控えた休日の午前中、少年は縁側で空を見ながらアイスクリームを食べていた。
軒下では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボンだった。
汗が顔を伝って流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近くにある市民プールのオープンに期待していた。

息もつかさず歌う妹とあられ雲
子とのコミュニケーションをすると、子は大変なついてくれる。
一歳までは、会社の業務がとても忙しく、コミュニケーションをとることが少なかったため、まれに顔をあわせても近寄ってくれなかった。
実の父なのにと哀しい胸中だったが、仕事が大わらわだからと甘んじずに、いつも、休日に散歩に連れていくらようにした、抱きしめても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
ここ最近、朝、玄関をでるとき、俺が行くことが悲しくて泣いてくれるのが顔がほころぶ。
枠下 枠上

ノリノリで踊るあなたと霧

夏は生ビールがめちゃめちゃうまいけれど、最近そんなに飲まなくなった。
大学生のころは、どれだけでも飲めたのに、年とともに次の日の朝にアルコールが残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとてもあこがれ、行くのがめっちゃ楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌になるほど行って、自分の心の中では、現在、いいイメージがない。
けれど、取引先との付き合いの関わりでとても久しぶりにビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにおいしかったのだけど、テンションが上がってとってもお酒を飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

笑顔で話す母さんと私
そそられなかったけれど、スポーツも多少でもやらなくてはと今日この頃思う。
勤め先が変わってから、このごろ、体力仕事がとっても減り、体脂肪がものすごく増した。
それに加えて、30歳になったのもあるかもしれないけれど、腹にぜい肉がついてきて、非常に自分でも見苦しいと思う。
わずかでも、頑張らないと。
枠下 枠上

汗をたらして熱弁するあの子と気の抜けたコーラ

作家の江國香織の作品に表れる主役は、誰も狂気に満ちている。
例えば、落下する夕方の華子。
他にも、きらきらひかるの笑子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの隠れた部分を、文章にして表した形かもしれない。
徹底的にクレイジーだと思うのが、「神様のボート」で登場する葉子。
もしかすると迎えに来るかもしれないあのひとのために、たくさんの場所に引っ越しをする。
あのひとを忘れないで、必ず会えると信じて。
とうとう「ママは現実を生きていない」と、愛娘に言われてしまうが、葉子には全く響かない。
これが、この作品の最高にクレイジーなところだ。
個人的には、ウエハースの椅子には簡単に座りたくないけれど、神様のボートには乗ってもいい。
江國香織さんの書く、クレイジーでも美しくて頼りない登場人物が大大大好きだ。

薄暗い大安の夕暮れは昔を懐かしむ
ちょっと前まで全然存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツというものがあった。
都会では、水用オムツを着けて入れる所と入らせてくれない所があり、場所によって違うらしい。
断じて、赤の他人からは、専用のオムツでもうんちなど中に存在しているオムツで入られたら、それはそれはいやだろう。
だけど、親としては、入れてあげたいとも思う。
ですが、立場が逆だとしたら気分がいやだ。
枠下 枠上

雪の降る大安の夜に目を閉じて

東京都で古くより華やいでいる町が、台東区の浅草。
その中で知名度の高い仏様が浅草の観音様だ。
そこそこここ最近、参拝に行った。
珍しく行く東京浅草。
一段と、自身の目でちゃんと見て分かったことは、外国人の旅行客が多いこと。
色んな国から旅行客が集まるここ浅草だけど、少し以前よりどのように見ても増えている。
というのは、世界で一番背の高い総合電波塔である、スカイツリー完成の影響もあると思う。
アジアからは、羽田空港ハブ化でアクセスが良いという事で、そして、ヨーロッパ諸国やアメリカ方面は、着物や和装小物に憧れを抱いて来る旅行客が多数だろう。
とにもかくにも、この先の未来も多くの外国人観光客がやってくることを予想した。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派なご本堂が見える。
こちらの瓦屋根は、さびにくい性質を持つチタンを使用し、工事を行ったそう。
秘仏である観音様に旅の無事と平和を祈りしっかり手を合わせてきた。
頑張りが必ず表れるといいなと。

ゆったりと走る父さんと飛行機雲
とある雨の日、少年はママからお使いをお願いされ、はくさいとネギとぶた肉を買いに行く途中だった。
少年は思った。
夕飯はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
しかし、問題は次の瞬間に起きた。
なんと、ズボンのポッケに入れていたお使いのための2千円が、無いのである!
少年はスーパーのレジの行列に並ぶ前に、念のためズボンのポケットに手を入れて確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことに気づいたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家路につくことにした。
今度からは、お金はクツかくつ下にしまおう。
少年は天を仰いでそう決心した。
枠下 枠上

ノリノリで大声を出す友人と濡れたTシャツ

人々のほとんどが水分だという研究もありますので、水分摂取は一つの体の基盤です。
水の摂取を欠かすことなく、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
輝く太陽の中から蝉の声が聞こえてくるこの頃、いつもそんなに出かけないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
夏のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分かもしれません。
もう一つ、誰もが気になっているのが水分補給に関してです。
もちろん、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期はちょっと例外の可能性もあります。
なぜなら、たくさん汗を出して、知らず知らずのうちに体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身の体調も関係あるかもしれません。
ひょっとすると、自分が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑さ真っ只中の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
短時間だけ外に出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があるとすごく経済的です。
人々のほとんどが水分だという研究もありますので、水分摂取は一つの体の基盤です。
水の摂取を欠かすことなく、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。

雹が降った仏滅の夕暮れは冷酒を
友人の両親が梅干しを販売しているとの事。
天神に本部があり中国に店もあり、和歌山に自社工場がある。
日本全国に、たまに、何名かのグループで訪問販売をするらしい。
深夜に、梅干しの雑学を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と出してくれた。
この子と食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
ここで、早速はちみつ梅を注文してしまった。
枠下
枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 ドラマはすぐそばにある All rights reserved.